プロファイルを制作した。

水性大型インクジェットのプロファイルを制作しました。

あなたは、そのまま使っていませんか?

私は、そのまま使っています。

色に関しては印刷してみて出来たものは妥協してこんなものだな!って思います。
私の場合は色にこだわるものは会社で印刷しますが、色味が自然に仕上がります。

この違いがプロファイルを制作することにより統一される。

ということです。
デジタルデータの写真は数値が書いてあります。その数値にはこんな感じの色ってのか決まっている。
でも、普通に印刷したらその法則が違って印刷されてしまう。
それを出来るだけ近く印刷するには色をプロファイル化する必要があります。
それを解釈して印刷できるように大型インクジェットプリンタのRIPと呼ばれるソフトウエアーが付属してます。
その機能を利用して印刷します。
決して綺麗に印刷されるわけではありません。数値にあった色に印刷出来るように調整しています。

でも、

看板屋も大型インクジェットプリンタも業務用として使っているのですが、色の管理はメーカー任せ。
出たとこ勝負って所が多いです。

きれいに印刷されているなど感覚に頼る部分が多いです。
一点ものならそれで良いですが、他の印刷物と同じデザインなど制作する場合は
全く一緒とはなりませんが、色の傾向が似ている方が同じ様な雰囲気で統一感があり、見栄え良く見えるはずです。

見栄え良くってのも感覚の問題なので色を管理するのは難しいのです。

コメントは受け付けていません。