改元になりました。

令和という新元号になりました。
天皇陛下が退位して、新しい天皇陛下も即位し、平成から令和に変わりました。

いつもこのような大きい催しは、日本全体が盛り上がっているような感じですが、どうもその感じに同調できません。
テレビを見ていても弾けている人達をみていると疲れてしまってテレビ消してみたり、普通の日々を送りたい自分がそこにいたりする。

でも、そもそもこういった儀式には何か重要な意味があるのだと思います。

「日本のみの儀式なのだ!」とか聞くと、なるほど!
天皇陛下のお言葉の「我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」などの指す内容などには関心がありますね。

普段ボーッと生きている私としては、実際のことは、よくわからないですが、
よく聞いているラジオで、このようなことを言っていて
(正確にかかれているのかは不安ですが)

天皇の仕事とは、”国事行為を行うこと。儀式をすること。”らしいです。
それ以外は、私的な行為、とのことです。
被災者・追悼=どちらにも属さず仕事として行うことでは無いとのことです。

それを聞いて、被災者に会ってお言葉をかけている場面が非常に多かった平成ですが、天皇陛下は国民のためにお時間を割いていただいたのだと感慨深いものがあります。

たまにはWikiなど見て関心を持ってテレビでも見ると何か違う気分になるのかと思いますね。

皇位継承(こういけいしょう)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E4%BD%8D%E7%B6%99%E6%89%BF

新元号、”令和”、私にとっても、みなさまに良い年であるといいです。

GWは普通でも仕事、生活の時間が乱されているのに、10連休!
特別な儀であることは、普段とは違うこの状況で目の当たりにしましたが、
次は生きてはいないと思いますが、普通の月にやっていただきたいです。

コメントは受け付けていません。